好転堂 院長:富氏隆詞(ふじいたかし) のインタビュー

Q:院長のプロフィールを教えてください。

私は、瀬戸市の赤津というところで生まれました。 両親が地元で小さな食料店を営んでいて共働きだったため、
小さい頃は保育園に預けられていました。
お店が終わるのが遅かったため、お迎えに来るのはいつも最後。 だから、一人で絵本を読みながらお母さんを待っていた記憶があります。
お母さんが迎えに来ると、帰り道には整骨院によって、
足のリハビリを受けるのが日課でした。
実は、僕の足は生まれつき曲がっていて、

お医者さんから、
「手術をすれば歩けるようになるが、失敗する確率が高い。
もし失敗すれば一生車いすになります。」

と言われ、
リハビリで様子を見ることにしたからです。
両親も、当時一緒に住んでいたおじいちゃん、おばあちゃんも、
僕の足のことには一切触れませんでしたが、
みんなを心配させている感じがしたのを覚えています。
保育園の年長さんのころ、夏休みに、
おばあちゃんが高野山へ連れていってくれて、
願掛けをしてくれました。
この願掛けは、中3になるまで続きましたので、
10年間、高野山へ通ってくれました。
本当に心配かけてたんですね。
僕の足は、つま先がピンと伸びたままで、曲がらなかったので、
階段を降りようとすると、つま先に全体重が乗っかって、
とても痛かったのを覚えています。
だからしょっちゅう捻挫していました。
運動会のカケッコはいつもビリ。
ゆいいつ、運動会で楽しい記憶は、小学校2年の玉入れです。

(これならじぶんもやくにたてる)

と思って、むちゅうで玉を投げました。
でも、サッカーになると、強いパスも蹴れないし、
パスの方向も定まらず足手まとい。 そんな自分が、みじめでした。
特に辛かったのは、うわぐつがみんなと違う形だったことです。
(なんで、ぼくだけ・・・)と悲しい気持ちになったものです。
そんなある日、いつもリハビリに通っていた整骨院の先生が、
僕の足を治すための器具を自作してくれました。
伸びきったつま先を、グーッつと曲げて固定する道具です。

これが、めちゃくちゃ効果がありました。
バレリーナがつま先立ちするような形で固まっていた僕の足首が、
80度ちかくまで曲がるようになりました。 小6の時には、みんなと同じ上靴がはけるようになったのです。
この時の気もちは「・・・やっとやっと、同じになった。」
でも、最近になって気がついたのです、
このとき母の方がほっとしたんじゃないか、と。
田舎の家で、父方の祖父母と同居でしたので、
私の足のことで肩身の狭い思いをしていたと思うのです。
平日は食料品店。 休日は畑仕事。
僕の記憶の中の母は、休むまもなく働いていました。 なのに、いそがしい合間をぬって、
足が不自由でもできる水泳教室へ通わせてくれました。
平日は毎晩、整骨院まで連れていってくれました。
「みんなと同じ上履き」
ここにたどり着くまでの12年間を、
母がどんな思いで過ごしたのかを考えると、胸がつまります。
今、僕も治療院を開き、当時の僕と同じように、
体の悩みを抱えた小さなお子さんに施術する立場になりました。
お母さんの心配そうな顔を見ると、当時の母を思い出します。 だから、「あっ、楽になった~。良かった~。」
って言ってもらえると、ホッとします。
僕の施術は、正直、まだトップレベルには達していません。
だから、少しでも腕を上げるために、月に1〜2回、
東京や長野まで足を伸ばして、施術の勉強会に参加して、
名施術家の手ほどきを受けています。
先天性の足の変形で悩んでいた僕に、
みんなと同じ上履きをはかせてくれた先生のように、
一人でも多くの患者さんを、体の悩みから救えるようになりたい。
10年間曲がらなかった僕の足首をどうにかしてあげたいと、

手作りで矯正具まで作って治してくださった先生のように・・・
それが僕の役割りだと思っています。
今後も、努力を積み重ねて、
お母さんを安心させてあげたいと思います。
もっと、「さあ、楽になったから、仕事に行かないと。」
って言ってもらえるよう、
腕を磨いて頑張りますので、

私、富氏隆詞(ふじいたかし)
をよろしくおねがいいたします。

Q:今までの経歴を教えてくれますか?

まずは、身体の事を分かるように、

国家資格を取りました。

 

鍼とお灸の免許です。

 

あとは、患者さんの身体を

直に分かるように、

治療家の手を鍛える意味で、

 

多いときには、日に120人~

150人ほど来院する鍼灸接骨院で、

約5年間修業をしました。

 

休みには

北京堂鍼灸の浅野周先生で修業された、

神戸にあります、ニ天堂鍼灸院:中野保先生のもとで、

3寸鍼を使った大腰筋刺鍼を習いに行きました。

 

また、

静岡にあります、ひまわり健整院:吉田邦夫先生から、

手を添えるだけで、骨のゆがみがなおるBRM療法を習いました。

 

名古屋市名駅にあります、

アポロヒーリングセンター ホロス名駅:浦田 学先生から、

 

身体にある膜を刺激するだけで、

腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛が改善する、

FOA:整膜療法を習いました。

Q:今後、どうしていきたいですか?

 

いろんな患者さんを施術して感じているのは、

健康と病気の境は、

実際はほんのちょっとの差なんです。

 

ただ、普段の生活習慣や食生活の乱れなどに

よって、境がぶれることを

患者さんが知らないことです。

 

 

それが、患者さんの体調の変化となっていきます。

 

自分は、一人一人の患者さんの健康を上手く引き出すよう、

東洋医学・西洋医学・心理学を使って、

結果を出すよう日々格闘しています

Q:最後に、好転堂にこれから行ってみようかな?という方へ一言

身体の不調には、かならず理由があります。

 

その理由は、

丁寧に話を聞いて、身体のゆがみを確認して、

きちんと検査をすれば多くは分かります。


それさえ分かれば、

あとはそこを健康な状態に変える施術で、

元に戻すお手伝いをするだけです。

 

好転堂は、いつもそうしています。

 

「もう、あきらめるしかない・・・」そう思う前に、

まずは好転堂にまで、お電話やメールで

ご相談していただきたいなと思っています。

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む