無月経

無月経症とは、月経が来ない状態を無月経症といいます。

 

無月経は、18歳以後になっても初潮のみられない原発性無月経と、

月経が今まであったのに、3か月以上出てこなくなる

続発性無月経に分けることができます。

原発性無月経になる原因は、

DNAがターナー症候群などのように、性染色体異常があることで、

卵巣はあっても卵胞成分を含まないため、無月経になる場合があります。

鍼灸・整体で対応できるのは、続発性無月経症の方になります。

続発性無月経症になる原因としては、

視床下部・下垂体・卵巣・子宮などに原因があります。

・視床下部に原因がある場合:

 

続発性無月経の原因の約80%を占めます。

 

視床下部は、下垂体を通じて卵巣の働きを調整します

同時に、卵巣から分泌される卵胞ホルモンに反応し、

ホルモンの放出を促進する物質の分泌を調節しています。


視床下部に原因のある無月経には、

ストレス性無月経:強い精神的ストレスによっておこる

体重減少性無月経:急激な体重減少によっておこる

過食症、拒食症からの無月経:極端な食物の摂取異常、神経性食欲不振症や過食症から

運動性無月経:過度の運動によっておこる場合があります。

 

何もないのにおこる特発性視床下部性無月経も少なくありません。


いつもは、視床下部によって抑制されている乳汁分泌をうながす

プロラクチンというホルモンが、

視床下部の働きが下がることで過剰に分泌されて無月経になる、

機能的高プロラクチン血症もあります。

・下垂体に原因のある場合:


 続発性無月経の原因の約5%を占めます。

 

下垂体は、卵巣を刺激するホルモンを分泌したり、

副腎皮質や甲状腺刺激するホルモンと、

プロラクチンなどを分泌しています。

 

出産・分娩の時に、大量に出血し下垂体に血液が足りず、

下垂体の機能が落ちて、無月経になってしまう場合があります。

・卵巣に原因のある無月経:

 

続発性無月経の原因の約7%を占めます。


 卵巣のはたらきは、排卵と、

卵巣ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)の分泌です。


 下垂体から分泌される卵巣を刺激するホルモン

卵胞刺激ホルモン黄体化ホルモン)の作用により、

卵は育って卵胞となり、排卵がおこります。

 

この2つのホルモンのバランスがくずれると、

排卵ができなくなります。

 

排卵ができなくなることを繰り返すうちに、

卵巣の中にたくさんの嚢胞ができて、

下垂体の指令をさらに受けにくくなってしまいます。

 

このような状態を多嚢胞性卵巣といい、

卵巣性無月経の状態です。


また卵巣に、男性ホルモン女性ホルモンをつくり出す

腫瘍ができても無月経になります。

・子宮に原因のある無月経:

続発性無月経の原因の約2%を占めます。


月経は、子宮内膜からの出血です。

 

子宮内膜に障害がある場合、くり返し行なった妊娠中絶の掻爬手術や、

帝王切開術の後、子宮内腔が癒着することで無月経になる場合があります。

・その他の原因からの無月経:

 

甲状腺や副腎の機能が過剰に上がっている場合や、

糖尿病、腎不全でも無月経になります。

Q:無月経症 好転堂での対応は?

 

A:好転堂では、

 

鍼灸・整体:自律神経の調整に効果のある鍼灸を使って、

   視床下部・下垂体・卵巣・子宮などの

   ホルモンの働きを改善したり、下腹部の働きを正常にすることで

   月経周期を回復するよう改善していきます。  

    

   

 
 

子宮筋腫からくる、身体の不調は

好転堂に連絡を。

 

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む