生理痛、下腹部の痛み

A:生理痛は、生理中や月経や生理の前後におきる、

腹痛や頭痛、腰痛などの強い痛みをいいます。

 

生理痛は、個人差があります。

また、痛みが毎回強さが違います。

 

生理痛を、そのままにしておくと不妊症や、

他の病気にも影響する場合があります。

Q:生理痛の原因は?

 

A:生理痛の大きな原因としては、

女性ホルモンのプロスタグランジンという物質です。

 

生理が起こった時に、子宮内膜が剥がれます。

その時に、痛みと炎症と腫れができることをいいます。 

また、女性が社会進出する時に、

生活習慣や身体へのストレスが増えることで、

身体への負担が大きくなったり、

 

生理の回数が増えることで、

女性ホルモンを出す回数が増えることで、

身体の働きを調節する、自律神経の乱れが起きることで、

 

生理痛になりやすいといわれています。

Q:生理痛の症状は?

 

A:生理痛の症状は、鈍い腹痛や腰痛、頭痛、

めまい、寒気、手足のしびれ などがあります。

Q:好転堂での生理痛の対応は?

 

A:生理痛の原因は、女性ホルモンである

プロゲステロンというホルモンの変化から起きる

身体の痛みです。

 

このプロゲステロンの女性ホルモンは、

身体の調整をする自律神経の乱れからおきます。

 

好転堂では、自律神経の調整をする鍼灸をすることで、

プロゲステロンを調整して、腹痛や腰痛、頭痛などの

身体の痛みを改善します。

生理痛の痛みで、お困りの方は好転堂に連絡を。

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む