咳喘息・喘息・気管支喘息

 

喘息・気管支喘息の薬を

飲んでも、

せきやのどの痛みや腫れが

不安なあなたへ


「喘息や気管支喘息は、

もう変わらないと
思っていませんか?」

当院には、名古屋市で喘息・気管支喘息で、

悩んでいる方が多く来ております。

息をする時に、「ヒューヒュー」・

  「ゼーゼー」という音がする
息がしづらい・咳こんだりする

朝起きたり、夜中に咳や息がしづらい

咳や息くるしさで夜中に起きてしまう

運動したり、体を動かすと息が苦しくなる

好転堂での喘息・気管支喘息の施術は、こちらです。

喘息や気管支喘息の方は、

咳のし過ぎで身体が敏感な状態なので、


「強い刺激の施術は、いやだな~」

という話を聞きましたので、


好転堂では、
敏感な状態でも対応できる

施術をしています。


また、触っているような整体や
痛くない鍼なので、

整体や鍼を受けている感じが無くても、

体が楽になるので、結果的に

喘息や気管支喘息からの咳やのどの腫れ
が軽くなる内容です。

喘息・気管支喘息は、このような方がなりやすいです。


ダニやほこり、卵やそばなどの

アレルギーを抱えている方が

身内や親戚にいる場合は、


遺伝的にアレルギー体質を持っている

可能性があります。

喘息や気管支喘息になる原因は?

喘息や気管支喘息は、

気道に慢性的な炎症が起こり、


アレルギー反応や細菌反応などの刺激で、

発作が起こり


気道が狭くなって、

息がしづらい状態をおこします。

 

気道にある粘膜に、好酸球・

Tリンパ球・肥満細胞などの

炎症細胞が集まって、気道に炎症が起こります。

 

発作が出てくると、寝ることが出来ず、

また「苦しい思いをするという」ストレスがつのり、

さらに発作を起こす悪循環になっていきます。

 

気管支喘息が長いと、数ヶ月~数年続くといわれています。 

喘息や気管支喘息の種類は?

喘息や気管支喘息は、

アトピー型と非アトピー型の2つ

に分けます。

 

アトピーとは、ダニなどの抗原に対して、

アレルギー抗体を産む反応です。 

 

アトピー型:アレルギー抗体(IgE)が、

肥満細胞と結ぶことで喘息・気管支喘息

が起きます。

 

花粉やダニなどの抗原が、

気道に入ると肥満細胞上で


アレルギー反応が起こり、

化学伝達物質が出ることで

喘息や気管支喘息がおこります。 

 

非アトピー型:環境抗原以外で喘息が起きます。

アレルギーを産むものは?

喘息や気管支喘息の元となる

アレルギーになる原因は、


主なものに

・室内でのちり、ほこり

・ダニやダニの死骸

・ふけ、髪の毛、カビ


・衣類や食べ物のくず

・ペットの毛や分泌物

・植物や昆虫  


などのハウスダストがあります。

 

・花粉(杉、ブタクサ、稲、イチゴなど)

・そば粉、小麦粉

・カビ

・卵

・チョコレート

・牛乳

・イカ、エビ などもアレルギーの原因になります。

喘息や気管支喘息がひどくなると?

気管支喘息は、炎症を起こした気道が

激しい運動、


ウイルス感染、飲酒、たばこの煙や冷気、

ストレスなどの刺激から反応して、

気道が狭くなります。 

 

気道の炎症が慢性的に長く続くと、

気道の壁が厚くなる、むくみ、痰が出てくる、

内腔が狭くなります。

 

その結果、治りが遅くなることがあります。

一般的な喘息や気管支喘息での対応は?

気管支拡張薬と、

吸入ステロイドを使います。

 

気管支拡張薬:気道狭窄に対して、

発作を寛解させます。

 

吸入ステロイド:喘息が慢性の気道炎症

から起きるので、


抗炎症作用が強い吸入ステロイド薬

を使います。

好転堂での喘息や気管支喘息の対応は?

鍼灸:副腎を刺激するツボに

刺激を送ることで、副腎の働きを上げて、

 

副腎皮質の機能(体内ステロイド)

を増やして、気道の炎症を抑えて

咳を抑えます。

 

整体:副腎を刺激する整体をすることで、副腎の働きを上げて

 

副腎皮質(体内ステロイド)を増やして、気道の炎症を抑えて

咳を抑えます。

喘息・気家臣喘息のせきを軽くするには?

○副腎の働きを上げることで、

炎症を鎮める働きがある

ステロイドホルモンの量を上げる




○のどにある星状神経節の働きをよくして、

アレルギーを抑える

免疫の働きを高める


○自律神経を鎮めて、

のどや全身の血流やリンパの流れをよくして、

のどの痛みや炎症を軽くする

好転堂の、喘息や気管支喘息を楽にする3つの方法とは?

●身体のゆがみを整えることで、

副腎の働きを上げて、


ステロイドホルモンの量を上げて

喘息と気管支喘息のせきを鎮める


●のどにある免疫に関係する

星状神経節の働きを上げる施術をして、


気管支アレルギーの

腫れや痛み・炎症を軽くする


●自律神経の働きを良くすることで、

全身の体温を上げて、


免疫の働きをよくして

のどや気管支の痛みや炎症を軽くする

施術料:

 

   5000円 (最初:60分程度)

          (2回目以降:45分程度)

   4000円  18歳まで

         (最初:45分程度)

         (2回目以降:40分程度)

「つらい喘息や気管支喘息
からの
お悩みを、
いっしょに解決しましょう。」


「お手伝いします。」

好転堂 院長 富氏 隆嗣
     (ふじい たかし)

駐車場:1台分あり

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む