四十肩・五十肩・肩の痛み

 

四十肩・五十肩・肩の痛みへの

痛み止めの薬を飲んでも、

 

痛みや腫れ・夜間痛が

不安なあなたへ


「四十肩・五十肩・肩の痛みは、

もう変わらないと
思っていませんか?」

当院には、名古屋市で四十肩・五十肩・

肩の痛みで、

悩んでいる方が多く来ております。

肩に、激しい痛みや炎症がおきる
腕が、前や横から上がらない

肩の痛みやしびれが、肘・腕まで続く

腕が、頭の後ろや背中まで回せない

明け方や深夜に、肩がうずく

好転堂での四十肩・五十肩・肩の痛みの施術は、こちらです。

四十肩・五十肩・肩の痛みの方は、

特に肩周りが痛いので、


「体の向きを何度も変える整体は、
いやだな~」という話を聞きましたので、


好転堂では、
仰向きと座っての施術をしています。


また、触っているような整体や
痛くない鍼なので、

整体や鍼を受けている感じが無くても、

体が楽になるので、結果的に

肩関節の痛みや可動域が
軽くなる内容です。

四十肩・五十肩・肩の痛みは、このような方がなりやすいです。

 

●40~50歳代におきやすい

長い間、野球やテニスなどのスポーツや

仕事によって肩をよく使っている方


●昔、肩関節をけがをした事のある方


●肩関節を含めた、上半身の血行が悪い方

四十肩・五十肩・肩の痛みになる原因とは?


肩関節周りにある鎖骨・肩甲骨・上腕骨や、

軟骨・筋肉と骨に屈地ている靱帯や腱が


血行の流れが滞ることで老化して、

肩関節の周囲組織に、痛みや炎症が

起きることが原因と言われています。


また、肩関節の周りにある

肩峰下滑液包や関節包が固まることで、


さらに肩の動きが動きにくくなったり、

回しにくくなったりします。

肩の痛みや炎症が起こる部位は、

・肩関節の動きをよくする肩峰下滑液包

・関節を包む関節包

・肩の筋肉が上腕骨頭につく腱板

・腕の筋肉が肩甲骨に付く上腕二頭筋長頭腱 などがあります。

四十肩や五十肩・肩の痛みの反応としては、

症状の現れ方は、時期によって

 

急性期:痛みが強く出る時期

慢性期:痛みは軽くなるが、肩の動きに制限が出てくる

回復期:動きの制限が減っていく 


の3段階に分かれます。 

 

急性期:肩の関節や脇に痛みや腫れが起きます。


肩関節を触ると熱感が出てきて、

肩関節の周りにも痛みが出てきます。

 

特徴は、肩に安静にしていても激しい痛みや、

夜間痛が出てきます。


また痛みの範囲が、肩~肘に広がってきます。 

 

起き上がって座っている時に腕を下げておくと、

痛みが軽くなることもあります。 

 

服を着替える時や、体や髪を洗う時、

トイレでのズボンを脱ぐ時、腕を上に挙る動きをすると、

肩に痛みが出たり、痛みが強くなったりします。


ただ、肩関節の動きが出てきます。 


慢性期:安静時痛は消失します。

腕を上げていく途中に肩に痛みを感じて、

肩の動きに制限が出てきます。


また肩関節をひねる動作でも、

動きにくくなる場合があります。

 

ただ、何もしない時での痛みは出てきません。

一般的な四十肩・五十肩・肩の痛みの対処は?

整形外科では、お話をした後

肩の状態を調べるため

レントゲンでの検査をします。

 

特に気をつけるのが、肩関節に起こる

痛みの中で、肩腱板損傷・

肩石灰沈着性腱炎などがあります。 

 

これらは、病院でしか対応できないので

念入りに調べるために

 

関節造影検査、CT・MRI

などで検査を行う場合があります。

 

その後、診断と痛み止めのお薬を出されたり、

また、肩を温めたり電気を当てるリハビリを行います。

 

治療の方法: 

急性期:三角巾などで安静姿勢を図り、

痛みを取る、消炎鎮痛薬の内服、注射などを使います。

 

慢性期:温熱療法(ホットパック、入浴など)や

運動療法(拘縮予防や筋肉の強化)などの理学療法を行います。


理学療法は、炎症症状が治まってから行います。 

手術は、最後の手段になります。
肩関節の癒着をはがす方法などが行われます。 


※肩腱板損傷・肩石灰沈着性腱炎は、


肩の靭帯や腱が切れていたり、

または肩に痛みを持つ石灰があることで、

肩関節に炎症や痛みが出てきます。


痛みや炎症を取るには高度な技術がいるので、

現在、整形外科でしか痛みや対応ができません。

好転堂での四十肩・五十肩・肩の痛みの対処は?

 

●好転堂では、四十肩
五十肩・肩の痛みの
炎症や痛み

を軽くする整体をすることで、


楽に生活出来るような、
お手伝いをします。

四十肩・五十肩・肩の痛みを軽くするには?

 

○急性期に多い、

肩関節周りの痛みや熱感を減らすことで、

肩の痛みや熱感を軽くする




○慢性期に多い、冷えて固まっている

肩関節周りの血流を良くすることで、

硬くなった筋肉や腱や靭帯を柔らかくする


好転堂の、四十肩や五十肩・肩の痛みを軽くする方法とは?

●痛みを軽くする効果のある

鍼灸を使って、肩関節周りの痛み

や炎症を軽くする


●血流を上がる効果のあるお灸や

遠赤外線のホットパック・

 

凝り固まっている肩周りの筋肉を

柔らかくする整体を使って、

肩関節を動かしやすくする


急性期:

肩の痛みは、炎症がおきて強い痛みが出ています。 

まずは、冷やすことが重要になります。

 

慢性期:

肩関節は血流が流れにくい状態なので、

肩の筋肉が動きにくい状態です。


なので、徐々に肩の筋肉をほぐすようにして、

腕を動かしていきます。

施術料:

 

   5000円 (最初:60分程度)

          (2回目以降:45分程度)

   4000円  18歳まで

         (最初:45分程度)

         (2回目以降:40分程度)

「つらい四十肩や五十肩・
肩の痛みからの
お悩みを、
いっしょに解決しましょう。」


「お手伝いします。」

好転堂 院長 富氏 隆嗣
     (ふじい たかし)

駐車場:有(1台分)

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む