大殿筋の炎症、お尻の痛み

A腰の曲がっている、高齢者のお尻の筋肉が痛くなります。

 

腰が曲がっている高齢者の方は、背骨が前方に曲がっています。

そうして、無意識に背中の起立筋を曲げて、

体のバランスをとっていきます。

長く、前かがみの姿勢をしていると、起立筋が疲れていき、

同時にお尻の大殿筋も疲れてきます。

 

そうなると、仙腸関節や大腿骨の付け根が引っ張られて、

炎症が起きます。

 

また、胸椎12番と腰椎1番の圧迫骨折の痛みでも、

痛みが出てきます。

こういった場合には、炎症や痛みを軽減する鍼灸や

お尻の筋肉を柔らかくする整体が効果的です。

腰の痛みでお困りの方は、

好転堂に連絡を。

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む