脊柱管狭窄症・腰の痛み、しびれ


脊柱管狭窄症・腰の痛み、

しびれで痛み止めの

薬を飲んでも、

 

痛みやしびれが

不安なあなたへ


「脊柱管狭窄症・腰の痛み、

しびれは、もう変わらないと

思っていませんか?」

当院には、名古屋市で脊柱管狭窄症・

腰の痛み、しびれで、

悩んでいる方が多く来ております。

しばらく歩くと、腰や足に痛みやしびれが走る
途中でしゃがまないと歩くことができない

腰を前かがみにすると痛みが軽くなる
腰を反らすと痛みが強くなる

好転堂での、脊柱管狭窄症・腰の痛み、しびれの施術はこちらです。

脊柱管狭窄症・腰の痛み、しびれの方は、

特に腰・お尻・足周りが

痛みやしびれがあるので、


「体の向きを何度も変える整体は、
いやだな~」という話を聞きましたので、


好転堂では、
うつ伏せの施術をしています。


また、触っているような整体や
痛くない鍼なので、

整体や鍼を受けている感じが無くても、

体が楽になるので、結果的に

腰やおしり・足の痛みや

しびれが軽くなる内容です。

脊柱管狭窄症・腰の痛み、しびれは、このような方がなりやすいです。


●高年齢のお方


●昔、重い荷物を運んでいた方


●前に、腰椎すべり症や

 分離症になった方


●ぎっくり腰を何度もされた方


●若い時に、ラグビーやバスケット

 ボールなど激しいスポーツ

 をしていた方

脊柱管狭窄症・腰、足の痛みしびれになる原因とは?


脊柱管狭窄症は、

腰椎の中を走る脊柱管が

狭くなることにより、


神経組織が圧迫されて

腰や足にしびれ出ます。

Q:脊柱管狭窄症の症状は何ですか? 

 

A:脊柱管狭窄症の特徴として、間欠性跛行という

しばらく歩いていると、腰の痛みや足のしびれが、

ひどくなって立ち止まったりします。

 

腰を反らすと痛みが出てきます。

ただ、しばらく休むとまた歩けるようになります。 

逆に腰を前かがみの動作にすると、痛みが減ります。

 

主に、50歳代の男性に多いです。

 

これは立つことで、脊柱管が狭くなり神経を圧迫するためにおきます。

体が前かがみになると、脊柱管がやや広がり、

神経圧迫は軽くなり痛みが軽くなってきます。 

 

また、会陰部のしびれ感や灼熱感が出てくることがあります。

 

Q:脊柱管狭窄症になる原因は?

 

A:原因は、主に加齢による腰椎の変化です。

腰椎の変形によって、中にある神経管が狭くなることで

神経管を走る馬尾神経を圧迫して、腰や足に痛みやしびれをおこします。

Q:脊柱管狭窄症における、

病院での検査と診断・治療は?

 

A:検査と診断は、

下肢の動脈拍動を触知する方法と、

X線・MRI・CT検査を使います。

 

下肢の動脈拍動を触知する:

間欠性跛行は、閉塞性動脈硬化症でもおきるので、

区別するために検査をします。

 

X線・MRI・CT検査:

腰部の脊柱の状態を確認するために、画像診断を行います。

 

A:治療方法は、保存療法と薬物療法・手術になります。

 

保存療法:歩く時に、前かがみの姿勢で歩く・

杖や手押し車を使う・腰を伸ばす姿勢を防ぐコルセットを使う・

牽引・ホットパックを使った温熱療法 などがあります。

 

薬物療法:消炎鎮痛薬や血流改善薬・

硬膜外、神経根ブロック注射

 

手術療法:狭い脊柱管の部分を広げて神経の圧迫を取り除く

などがあります。

Q:好転堂での、脊柱管狭窄症の対応は?

 

A:鎮痛効果のある鍼灸と、

深部筋肉を柔らかくする整体・無痛カイロを使って、

 

脊柱管狭窄症の痛み・しびれを改善して

歩きの改善・日常生活を快適にします。

 

 

鍼灸:脊髄神経を圧迫する時にできる、

腰周りの固い筋肉を柔らかくする事で、

神経伝達を良くして、痛みを改善します。

 

整体・無痛カイロ:

腰椎・骨盤周りの筋肉を刺激して、

姿勢を改善することで血行を良くして、

痛みが出ない姿勢に持っていきます。

 

脊柱管狭窄症の痛みでお困りの方は、

好転堂に連絡を。

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む