モートン病

モートン病とは、足の中指と薬指の間や薬指と小指の間に、
痛みやしびれが起きることをいいます。

原因としては、足の横アーチが先の細い靴や偏平足などでつぶれてしまい、

骨と骨の間にある神経が挟まってしまう

ことで起きるとされています。

 

特に、中年以降の女性に多いです。

こういった場合には、足の骨と骨の間を広げる整体がお勧めです。

骨と骨とを広げると、間にある神経が挟まることがなくなり、

痛みやしびれがおきなくなります。

足の指と指との間で、痛みやしびれがある場合には、

好転堂に連絡を。

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む