狭心症・胸の痛み

A急激な運動や過剰に興奮状態が続いたり、

急激な寒さや冷たさ、食べすぎなどで、

胸骨下部や左前胸部が締め付けられる痛みや、

押さえつけられるような痛みがおきる心臓病をいいます。

狭心症の大部分は、心臓にある冠状動脈が硬くなることで起きます。

動脈が固くなることにより、血流が少なくなったり、

心臓にある心筋に血液と酸素が渡らないことがおきます。

狭心症は、心臓を含めた胸の循環器系の負担増からくるので、

高血圧や甲状腺からの影響・貧血でも起きる場合があります。

実際、狭心症の痛みは、数分から20分ほどで収まることが多いです。

実際の痛みは、前胸部と左の肩上腕部に発作性の痛み・

神経の緊張・運動制限が出てきます。

 

もし、20分以上、胸の痛みが続くことがある場合は、心筋梗塞の疑いがあります。

そく、病院へ行ってください。

好転堂では、狭心症用のお灸をすることで、

心臓から身体の末端へ血流を良くして、

身体の末端に対して栄養や酸素を送ることを助けたり、

身体の末端へ送る心臓のポンプ作用の負担を軽くしていきます。

狭心症で、お困りの方は好転堂に連絡を。

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む