腸脛靭帯炎からの、膝の外側の痛み

腸脛靭帯炎とは、

膝の外側にある腸脛靭帯が炎症を起こすことをいいます。

 

主に、変形性膝関節症の方や、

O脚の方、ランニングをする方に多く痛みが出ます。

腸脛靭帯は、骨盤~大腿骨の外側~脛骨の上端にかけて、

つながっている靭帯です。

 

その靭帯が、大腿骨とこすれることで、

炎症や痛みが出てきます。

ランニングをされる方に多いのが、

大腿骨の右側に炎症や痛みが出てきます。

 

主に、遠心力の関係で右側におきやすいです。

こういった場合には、

変形性膝関節症やO脚を改善して

靭帯の炎症や痛みを軽くする整体がお勧めです。

変形性膝関節症やO脚の方の脚は、

いわゆるがに股状態です。

股関節が外側に、開いている状態です。

 

また、膝関節も少し外側に開いているので、

膝関節が少しずれています。

 

その結果、

骨盤~大腿骨~脛骨につながる靭帯が、

膝を曲げると骨にこすれて痛みが出てきます。

 

そのこすれを、

整体で改善することで こする状態から

大腿骨に当たらない状態に戻します。

膝の外側にある靭帯の炎症や痛みでお困りの方は、

好転堂に連絡を。

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む