足底筋膜炎、足底腱膜炎

足の踵の骨や、土踏まずに痛みが出てくることをいいます。

中年の、立っていることや歩くことが多い方に多いです。

ただ、かかとに、炎症や腫れはありません。

原因としては、

・足裏の筋肉が疲労している。

・踵骨の内側が出っぱっていることで、地面との衝撃が

伝わる為。

があります。

・足裏の筋肉の疲労は、踵の骨には、

足底腱膜や足底方形筋・母趾外転筋・短趾底筋などの

筋肉がくっ付いています。

 

立ったり、歩いたりすることを繰り返し行うと、

筋肉が何度もひっぱられます。

 

その結果、筋肉の端っこに炎症がおきます。

そのため、筋肉とつながっている骨に痛みが出てきます。

さらに、そのまま繰り返すと骨の端が、変形して骨棘が出来ます。

・踵の骨が内側に出ていることで、

地面にぶつかりやすくなり、痛みが出てくることは、

何度も繰り返すと、打撲状態になるからです。

そのため、炎症や痛みが出てきます。

こういった場合には、足裏の筋肉の硬さをとる整体と、

踵の傾きを変える整体がおすすめです。

2つの整体をすることで、

足底筋膜炎の炎症や痛みが軽くなってきます。

足底筋膜炎の炎症や痛みで、

お困りの方は好転堂に連絡を。

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む