胃炎・胃酸過多・胃十二指腸潰瘍

 


胃炎・胃酸過多・

胃十二指腸潰瘍で、

胃の薬を飲んでも


胃腸の痛みや不快感が

不安なあなたへ

 

「胃炎や胃酸過多・胃十二指腸潰瘍からの

お腹や腸の痛みは変わらないと

思っていませんか?」


当院には、名古屋市で

胃炎・胃酸過多・胃十二指腸潰瘍で

悩んでいる方が多く来ております。

食べた後に、胃もたれや吐き気がする

みぞおちの気持ち悪さや胃炎を、何度も繰り返す

食べたくない気持ちや、

  何とか食べても胸やけ・ゲップを繰り返す
すっぱい水が上がったり、吐くこともある

お腹がすいた時にも、胃が痛くなる 

好転堂での胃炎・胃酸過多・胃十二指腸潰瘍の施術は、こちらです。

胃下垂の方は、

体が弱っているので、


「整体や鍼灸で強い刺激を受けるのはいやだな~」という話を聞きましたので、


好転堂では、ソフトな整体と
痛くない鍼灸をしております。


また、触っているような整体や
痛くない鍼なので、

整体や鍼を受けている感じが無くても、

体が楽になるので、

 

結果的に胃炎や胃酸過多・胃十二指腸潰瘍からの

痛みや気持ち悪さなどが変化する内容です。

胃炎・胃酸過多・胃十二指腸潰瘍は、こんな方がなりやすいです。

 ●コーヒーやアルコール・辛い物など

胃腸に負担がかかりやすいものを

多く食べる方

 

●抗生物質のペニシリンや、痛み止めの

アスピリン、ステロイドなどの

お薬をたくさんの飲んでいる方

 

●タバコをたくさん吸っている方

 

●深夜に暴飲暴食したりしている方

胃炎・胃酸過多・胃十二指腸潰瘍になる原因は?

胃の働きは、食道から入ってくる食べ物を

一時にためている時に、


食べ物を”塩酸”が入った胃液と

”ペプシン”というたんぱく質分解酵素・

”レンニン”という凝乳酵素・

”リパーゼ”という脂肪消化酵素


出して食べ物と混ぜ合わせした後に、

十二指腸へ送ります。

胃液の中にある塩酸は、

pH1.0-2.5という強い酸性です。

 

胃の内部が胃の粘液によって覆われているので、胃酸によって

胃が溶けない状態になっています


ただ何かの原因で、

胃の粘液の働きが弱くなると、


胃酸によって胃の内部が消化されて

胃潰瘍になったりします。

精神的ストレスがたまると、

胃の働きとして”食べ物を蓄える”・”消化する・

”混ぜ合わせる”に関係する ぜんどう運動が弱くなったり、


胃の粘膜に住んでいる、

ピロリ菌が活動しやすい状態になったり、


食べ物を消化する胃液や、

胃を胃液から守る胃の粘液の量に、

変化することがあります。


その結果、胃がもたれる、胃がむかつく、

胃の膨満感、胸やけや吐き気がしたり、

実際 吐いたりするなどが出てきます

精神的ストレスにより、体や内臓の自律神経が

必要以上に刺激されると、

体の働きを高める交感神経の働きが活発に動きます。


そうすると、血圧や心拍数が上がります。


血行が促進される一方で、

皮膚や内臓への血管が収縮して

皮膚や内臓への血液が流れにくくなります。


その結果、胃の蠕動運動が鈍くなったり、

胃液の分泌も減っていきます。


さらに、胃壁の粘膜に血液が行き渡らず、

胃の粘膜そのものが弱くなります。


食道から胃に来た食べたものを、

消化するのに時間がかかったり、

胃壁もだんだん荒れていきます。


胃もたれ、胃の膨満感になっていきます。


身体の働きを休める副交感神経が刺激を受けると、

逆に胃酸の分泌が増加します。


胃酸は強い酸性を持っているので、

胃酸が出すぎると、胃壁が荒らされたり、

胃の中の細い血管が出血したりします。


その結果、胸焼けや胃痛・

胃十二指腸潰瘍が出てきます。

一般的な胃炎・胃酸過多・胃十二指腸潰瘍などの対応は?

病院では、問診のあとで

内視鏡や胃カメラを使って

胃の内部を調べます。


内視鏡や胃カメラを使って

胃の内部を調べると、

胃炎になっている場合は、


胃粘膜がただれていたり腫れていたり、

胃の欠陥が充血して

発赤している場合があります。


また胃炎の進んだ場合には、

胃壁が薄くなって、胃の血管が透けて

見えることもあります。

胃炎などのお薬としては、

胃酸分泌を抑えるお薬や、 胃粘膜を守るお薬、

胃の働きを上げるお薬が出されます。


吐き気や嘔吐がひどい場合は、

絶食して点滴をして

身体に栄養補給させることもあります。

胃炎・胃酸過多・胃十二指腸潰瘍を軽くするには?


●精神的ストレスを軽くすることで

胃の働きを高める神経を上げて

胃のぜんどう運動を上げる


●精神的ストレスを軽くすることで

胃液の量を調整することで

荒れてる胃壁の負担を軽くする

好転堂の、胃炎・胃酸過多・胃十二指腸潰瘍を楽にする方法とは?


○鍼灸や整体を使って、

胃の働きを高める神経を上げて

 

胃のぜんどう運動をよくして

胃の消化を助ける


○鍼灸や整体を使って、

胃液の量を調整することで

 

荒れている胃壁の負担を軽くして

胃の負担を軽くする

施術料:


 

   5000円 (最初:60分程度)

          (2回目以降:45分程度)

   4000円  18歳まで

         (最初:45分程度)

         (2回目以降:40分程度)

 

「つらい胃炎や胃酸過多・
胃十二指腸潰瘍
お悩みを、

いっしょに解決しましょう。」

「お手伝いします。」

好転堂 院長 富氏 隆嗣

駐車場:あり(1台分)

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む