膠原病・関節リウマチ


膠原病や関節リウマチの
薬を
飲んでも、痛みや

炎症・腫れが
不安な
あなたへ

 

「膠原病や関節リウマチは、
もう変わらないと
思っていませんか?」

当院には、名古屋市でリュウマチ・関節痛で、

悩んでいる方が多く来ております。

手足やふくらはぎの、だるさや微熱が長く続いている

関節痛や炎症が、続いている
のどや胸のつまり、目の渇きや白内障がある
食欲がなかったり、体重が減ってきた 

指が冷たくなったり、皮膚が紫色になってくる

あごやくび・わき・股関節のリンパが腫れている

膠原病の、手足のだるさ・のどのつまり・右肩の張りが楽になりました


R・G様
Q:好転堂に来院する前に
どんなことで、

悩んでいらっしゃいましたか?

患者:なかなか症状が
良くならない。


Q:何が決め手となって、
好転堂にご注文いただきましたか?

患者:身体がえらかった。

Q:実際にサービスを受けた感想は、いかがでしたか?

患者:満足している。

:膠原病からの手足のだるさ・
のどのつまり・右肩の張り

岡崎市の方


お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

好転動での膠原病や関節リウマチの施術は、こちらです。

膠原病や関節リウマチの方は、

身体がつらいので、


「整体や鍼灸で強い刺激を受けるのはいやだな~」という話を聞きましたので、


好転堂では、ソフトな整体と
痛くない鍼灸をしております。


また、触っているような整体や
痛くない鍼なので、

整体や鍼を受けている感じが無くても、

体が楽になるので、結果的に

全身のだるさや関節の腫れや痛み・
目やのど・内臓の働きが変化する内容です。

膠原病や関節リウマチは、こんな方がなりやすいです。

30〜50代の女性


●太陽の紫外線を浴びたら発疹ができた方


●手術や大病などの経験を
された方


●皮膚内に
シリコンや異物などを入れた方


●精神的なストレスや冷たい刺激を受けた方

膠原病や関節リウマチは、

体を、細菌やウイルスなどから守る免疫が、

関節や内臓・皮膚を攻撃することで、

全身のだるさや関節痛や炎症をおこす、

自己免疫疾患の一つです。

膠原病や関節リウマチになる原因は?

膠原病や関節リウマチの原因としては、

●家族の方が、膠原病や関節リウマチの経験者

●昔、長く紫外線を受ける環境にいた

●ウイルスや細菌・カビの被害を受けた

 

●大きな手術や病気になったことがある

 

●妊娠や出産をされた女性

などが考えられます

膠原病や関節リウマチにかかると、初めに


○膠原病:微熱や皮膚に赤い斑点・全身のだるさ・関節痛や炎症・筋肉痛・内臓病変・指先の冷たさ(レイノー現象)

○関節リウマチ:関節内にある滑膜に、
痛みや炎症・腫れがおきて関節の変形がおきる

○全身性エリテマトーデス:ほほの周りに紅い斑点が出てくる(蝶形紅班)。全身のだるさ・内臓の炎症(胸膜・心膜・肝臓・腎臓・膀胱・胃腸など)



○強皮症:冷たい所に出たら、急に手が紫色から数分後、手が赤くなる(レイノー現象)


・肺や腎臓の炎症・逆流性食道炎・
指先から肩にかけて、皮膚が硬くなる

○皮膚筋炎/多発性筋炎:
瞼の周りにむくみや炎症、紅班・
筋力が落ちる・全身のだるさ・関節炎や肺炎


○シェーグレン症候群:目や口、のどが乾く
(ドライアイ・ドライマウス)・
冷たい所に出ると急に手が紫色になり、
しばらくすると
手が赤くなる

全身の炎症(甲状腺の炎症・肺炎・心膜炎・

腎炎・肝炎・胃腸の炎症)

○クローン病・潰瘍性大腸炎:
大腸や小腸に炎症や出血・潰瘍ができる


○ほかの病名としては、
・結節性多発動脈炎 

・混合性結合組織病 

・過敏性血管炎 

・ベーチェット病 

・顕微鏡的多発血管炎

・ウエゲナー(Wegener)肉芽腫症 

・アレルギー性肉芽腫性血管炎

・側頭動脈炎

・成人スティル病

・コーガン症候群 

・RS3PE 

・リウマチ性多発筋痛症

・線維筋痛症 

・SAPHO症候群 があります。

一般的な膠原病や関節リウマチの対応とは?


病院では、問診後に血液検査や、
CTやMRIなどの画像検査をして

膠原病や関節リウマチの反応を見ます。


その後、ステロイド・抗リュウマチ薬・

非ステロイド抗炎症薬などの投薬をすることで、


全身のだるさ・内臓や血管・
神経・皮膚の炎症の改善に努めます。


好転堂での膠原病・関節リウマチの対応は?

 

●好転堂では、膠原病や関節リウマチからの、全身のだるさや炎症や
痛み・腫れ
を防ぐことで、


楽に生活できるような、
お手伝いをしております。


膠原病や関節リウマチの痛みを軽くするには?

○副腎の働きを上げることで、

炎症を鎮める体内の

ステロイドホルモンの量を上げる



○ステロイドホルモンを全身に流すことで、
皮膚や血管・筋肉・関節・内臓にめぐらして、炎症や痛み・腫れを軽くする


○自律神経を調整することで、

全身の働きを整えて、
身体の元々の働きを引き出す

好転堂の、膠原病や関節リウマチを楽にする3つの方法とは?

 

●身体のゆがみを整えることで、

内臓や副腎の働きが上がり、
体内ステロイドホルモンの量を上げる


●身体のゆがみを整えることで、

皮膚や血管・皮膚や関節・内臓に栄養や酸素・ステロイドが詰まった血流が流れやすくなり、

腫れや痛み・炎症を軽くする


●脳内や自律神経の働きを良くして、さらに身体の働きを良くして

免疫の働きをよくする

施術料:


 

   5000円 (最初:60分程度)

          (2回目以降:45分程度)

   4000円  18歳まで

         (最初:45分程度)

         (2回目以降:40分程度)

「つらい膠原病や
関節リウマチからの
お悩みを、
いっしょに解決しましょう。」


「お手伝いします。」

好転堂 院長 富氏 隆嗣

駐車場:あり(1台分)

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む