Q:「冷えからの腹痛がつらい。」

A:あなたの周りでこんな方は見えませんか?

 

・ 2.3年前から、冷えによる腹痛があってつらい。
・外出中で、お腹が冷えると我慢出来ないくらいに痛くなる。
・特に、ファーストフードなどの油が多いものを食べるとお腹が痛くなる。

 

こんな場合には、冷えから来る腹痛の可能性があります。

 

冷えは、身体に走る血液が何かの理由でうまく流れないことで身体が冷えることをいいます。
手足や内臓などの部分が冷えてくると、その部分の働きが鈍くなってきます。

 

原因としては、
・熱をつくる筋肉が少ない。
・自律神経の働きがうまくいかない、過剰に反応している。
・むくみ(余分な水分)が手足に溜まっている。
・体温が36.5度以下の方  などが考えられます。
こういった体が冷えている場合には、身体を温める鍼灸がおすすめです。
鍼灸の効果としては、
・自律神経の乱れを改善する。
・むくみを改善する。
・血行を改善する。     などがあります。
特に、内臓の働き(特に腸)・筋肉が働かないと、体に熱が生まれないので、
内臓の働き・筋肉の働きを高める意味で鍼灸をしていると、
冷えから来る腹痛が改善していきます。
冷えから来る腹痛でお困りの方は、こちらに連絡を。

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む