Q:「冷え 」について

Q:「冷え」について

A:「冷え」とは、手足や腰など、

身体の一部に寒さを感じる状態をいいます。

 

病気としては、

レイノー病(寒さや冷たさを感じた時に起きる手足の血管のけいれん)や、

バージャー病(手足の血管炎からくる血栓がおきる病気)などがあります。

 

また、冷え性というのがあります。

病気でもないけど、身体に冷えを感じることをいいます。

 

特に女性の場合には、

頭痛、めまい、体のだるさ、不眠、肌荒れ、腹痛、生理痛、生理不順、

などいわゆる、冷えからくる身体の変化があります。

 

理由としては、自律神経の働きやホルモン分泌が

変化しておきるといわれています。
また、動脈硬化からの血流の滞りから、

冷えが表れるも多いといわれています。

身体の 冷え に関係するのは、

低血圧:

ちょっと歩いただけで動悸や息切れを起こしやすい、だるさや寒さを感じやすくなります。

 

貧血:

動脈がつまる病気<バージャー病、動脈血栓症、塞栓症など>

が手足におこると、手足に冷えが起きます。

 

末梢循環障害:

偏食をする食事を続けると、栄養が偏って冷えや寒気を感じやすいです。

 

栄養不足

偏食をする食事を続けると、栄養が偏って冷えや寒気を感じやすいです。

 

原因として、

・冷たい食べ物や飲み物、身体を冷やす食事、果物の取りすぎ

・過激なダイエットがあります。

 

甲状腺機能低下症

甲状腺の働きが弱いので、身体の代謝が低下して、冷えや寒さを感じやすい。

 

心不全

心臓は、身体に酸素や栄養が詰まった血液を送るポンプですが、

ポンプの働きが弱くなっている状態をいいます。

 

ポンプの働きが弱いと、

皮膚が白っぽくなる・手足の冷え・尿量の減少・寒さや冷えを感じやすくなることがあります。

冷えや冷え症には、鍼灸が効果的です。

鍼灸の効果には、自律神経の働きを改善することにより

ホルモンの調整や血流改善が期待できます。

 

また、身体を温める食事に変えることで、

栄養不足や動脈硬化予防・心臓の働きを調整していきます。

また、鍼灸で体質を変えることで、

冷え・冷え性からくる、頭痛、めまい、体のだるさ、不眠、

肌荒れ、腹痛、生理痛、生理不順を改善します。

 

冷え・冷え性が気になる方は、こちらに連絡を。

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む