Q:不安障害・パニック障害とは?

Q:不安障害・パニック障害 とは?

A不安障害パニック障害は、突然、強い不安や恐怖感を持つ発作が特徴です。
突然発作がおきるので、自分でどうしたらいいのか分からずに

パニックになることをいいます。

具体的には、

・動悸

・胸痛

・胸部の不快感
・息切れ

・呼吸困難

・のどに物が詰まるような感じ  などの自覚障害を感じます。

実際には、のどに物が詰まっていないのですが、
息が苦しい感じが強まると、呼吸が激しくなります。
過呼吸症候群になることもあります。

原因としては、職場や人間関係などの対応などで精神的なストレスが、

身体に過剰に反応して、物が詰まるような自覚的感覚に陥っていると考えます。

そういった場合には、

・自律神経を整える鍼灸と、
・身体の筋肉を整える整体

・リラックスできる体操  が効果的です。

不安障害・パニック障害からくる
発作が気になる方は、こちらに連絡を。

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む