Q:「事故からの首とヘルニアが痛い」

Q:「事故からの首とヘルニアが痛い」

Aあなたの周りでこんな方はいませんか?
・自転車で横断歩道を走行中に、車に跳ね飛ばされ、頸椎捻挫(むち打ち)になった。

・もともと、腰にヘルニアも持っている。

・今も首と腰には、痛みが続いている。

 

こんな場合には、むち打ちと腰の椎間板ヘルニアの痛みを減らす鍼はどうでしょう?

むち打ちは、交通事故や物が頭に落ちた時の衝撃で、

首の筋肉を痛めることを言います。

 

そのままの状態にしておくと、
・首が上下左右に動かなくなる。

・手に力が入らなくなる。

・指にかけてしびれや冷感が出てくる。   などが出てきます。

一番怖いのが、痛みやしびれがずっと残る”症状が固定する”です。


また、腰のヘルニアは長年の仕事や生活習慣で、

腰の椎間板から髄核という物体が出て、腰にある神経を刺激して、

腰周りに痛みを出すことをいいます。

 

また、筋肉がより硬くなってきます。

そのままにしておくと、

・腰やお尻から太もも、すね、足先にまでしびれが出てくる。

・神経炎で、足の筋肉が細くなってくる。

・少し歩いただけで、足に痛みが出てくる。  などが起きてきます。

こういった場合には、好転堂では、

首や腰の奥深くまで届く鍼を使って、痛みとしびれを軽くします。

むち打ちと腰のヘルニアから来る痛みとしびれでお困りの方は、こちらに連絡を。

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む