Q:「五十肩が痛い。」

Q:「五十肩が痛い。」

A:四十肩・五十肩は、もともと肩関節周囲炎といいます。

肩の関節に、痛みや炎症が出てくる状態で、

腕を上げたり、背中に向けて動かしたりすると、肩に痛みが出ます。

 

最初は、強い痛みがおき、夜や早朝に痛みが強くなります。
その後、肩の動きが硬くなってきます。

 

肩関節周囲炎の炎症や痛みを鎮めるには、鍼灸が効果的です。

鍼灸の効果には、炎症や痛みを軽減する効果があります。

 

また、肩関節周囲炎の時の肩周りの筋肉は、非常に硬いので
筋肉を柔らかくする整体をすると、肩の動きが動きやすくなります。

 

肩関節周囲炎になった時間が、長ければ長いほど肩周りの筋肉が硬くなるので、
肩の動きが元に戻るのに、時間がかかります。

 

肩関節周囲炎の痛みや炎症が気になる方は、こちらに連絡を。

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む