ED・インポテンツ

AEDとは、
”インポテンツとはSEXできるだけの勃起がおこらず、
満足な性交が行えない状態で、通常、
性交のチャンスがあっても、その75%以上で
性交が行えないもの” です。

EDの原因としては、大きく3つあります。
 

 

1:器質的障害

身体の障害が、原因でおきる場合を言います
陰茎の障害や、神経や血管の障害、
性ホルモンの内分泌障害などがあります。

具体的な対応としては、勃起しない原因を取り除いたり、
勃起する海綿体に、陰圧を使って直接刺激をする機械を使います。

2:機能型障害
身体には、何の問題がないけど
精神的ストレスからおきる場合があります。
EDの多くは、こちらになります。

機能的障害では、自分で行ういわゆる
”自慰行為(朝立ち)”ではOKだが、
性交(H)をする時に勃起しないことがあります。

こういった場合には、カウンセリングを受けることがあります。

 

3:混合型障害
器質的障害と機能型障害の両方を、併せ持っている場合があります。
代表的なものは、糖尿病から来る場合と、加齢から来る場合があります。

この3つ以外にも、

4:薬剤性勃起障害
薬が原因で起きる場合があります。


5:男性更年期障害からの勃起障害
男性にも更年期障害はあります。

女性の更年期障害は、いわゆる閉経後から10年後までに
おきる身体と精神の不調を言います。

ほてり、冷え、肩こりやめまい、頭痛、腰痛、
うつ症状、疲労感、胃腸障害、排尿障害、婦人科の病気などですが、

男性の更年期障害では、勃起障害以外に、
眠れない、めまい、しびれ、耳鳴り、肩こり、神経痛、筋肉痛、関節痛、動悸、
汗が止まらない、身体のほてり、疲れやすい、前立腺障害、排尿障害、があります。

6:精神的なストレス

神経が過敏になる、不安感、いらだち、絶望感、
落ち込みが激しい、やる気が出ない、記憶力の低下、意欲がわかない などがあります。

性機能でいうと、性欲がわかない、ED、射精障害、オーガニズム障害がおきやすいです。

好転堂では、EDで困っている方に
なるべく薬を使わない方法で対処しています。


内容は、糖尿病などや男性更年期の体質を改善したり
ストレスを改善する鍼灸と、
血行を改善して、勃起しやすくする下半身の体操を行います。

ED(勃起障害)が気になる方は、こちらに連絡を。

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む