Q:「これは、肋間神経痛かな?」

Q:「これは、肋間神経痛かな?」

A今回は、肋間神経痛について書きます。

 

肋間神経は、背骨から肋骨にそって胸腹部に走る神経を言いますが、
その神経が痛むことを肋間神経痛と言います。

 

肋骨と肋骨の間にある筋肉や、お腹の筋肉の上に指で押さえると、痛みがおきます。

深呼吸や大声を出す、せきをしたり、ラジオ体操などで、

身体を横に曲げたりすると痛みが出てきます。

肋間神経痛の痛みは、鍼灸で対応できます。


肋間神経痛が起きている方は、背中の筋肉が硬くなっていたり、
肋骨の間の筋肉も硬くなっているので、
硬くなっている筋肉を鍼灸で柔らかくしていきます。

肋間神経痛の痛みが気になる方は、こちらに連絡を。

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む