Q:「ぎっくり腰に効果のあるストレッチは?」

Q:「ぎっくり腰に効果のあるストレッチは?」

A:あなたの家族や友人でぎっくり腰で困っている方はいませんか?

 

・13年以上前のぎっくり腰が原因で いまだに腰痛がひどい。

・腰痛予防のコルセットがかかせない。

・病院通いがいまだに続いている。

 

こんなときには、腰をそらせるマッケンジー体操が効果的です。

マッケンジー体操(セルフのストレッチ)をすると、

 

・ぎっくり腰になりにくい身体になる。

・ぎっくり腰になっても自分で治せる。

・ぎっくり腰に困っている 家族や友人に教えることが出来る。

ことができます。

 

ぎっくり腰のストレッチとしては、
1:まずはうつぶせになる。

2:つぎに下半身はそのままで、上半身だけ腰からそらせる。

3:上半身をそらせたらそのままの姿勢で、深呼吸を5回する。

4:うつ伏せに戻る。

5:1-4までの動作を3回繰り返す。
です。

 

ちなみに、上半身をそらせる角度は、

腰をそらせても痛みが出ない程度から始めてください。
痛みが無いように反る事が出来たら、徐々に角度を上げてください。

 

お風呂に入った後や、身体を温めた後に行うと、さらに効果が期待できます。

 

もし、ぎっくり腰の痛みが変わらなければ、うちに来てください。
ぎっくり腰用の鍼灸と

腰の筋肉を柔らかくする整体とストレッチで、ぎっくり腰の痛みを改善します。

 

ぎっくり腰の痛みでお困りの片は、こちらに連絡を。

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む