Q:「ぎっくり腰の休養期間ってどれくらい?」

A:あなたの周りでこんな方はいませんか?

 

・ぎっくり腰になった方が仕事の勤務上、5日目で仕事をすることに。
・コルセットを巻いて仕事をしていましたが、
腰のジンジンした痛みに、耐えられずしぐさが前屈み状態に。
・くしゃみした瞬間にまたギクッとなり、下腹部も痛くて、泣きたいほどになった。

 

本当は、もっと休んだほうがいいのでしょうか?

 

 

ぎっくり腰は、腰周りの筋肉や腰の奥深くの筋肉が、
仕事や長年の疲労で 固くなっていた状態で、
中腰の姿勢をした瞬間に、腰に激痛が出ることを言います。

 

痛みがひどい時には、歩けなくなる場合もあるほどです。

 

今回のような場合は、腰周りの筋肉や腰の奥深くの筋肉が、
硬くて緊張した状態が続いていたと考えられます。

 

こんな場合には、好転堂の
 腰周りの筋肉を柔らかくする整体や
腰の奥の筋肉までをやわらかくする鍼はどうでしょう?

 

腰の筋肉を柔らかくすると、早くぎっくり腰の痛みが軽減されて仕事に復帰が出来ます。

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む