Q:「ぎっくり腰になったら?」

Q:「ぎっくり腰になったら?」

A:ぎっくり腰になったら、なるべく安静にしてください。

安静にしていると、腰に刺激が伝わらないので、腰に痛みが出てこないです。

5、6日ぐらい安静にしているとやがて、痛みが治まります。

 

ぎっくり腰は、朝起きて顔を洗おうとして前かがみになったとか、

重いものを持ち上げようとしたら、急に腰に激しい痛みがおきることをいいます。

 

ただ、ぎっくり腰になるきっかけは、前々から腰周りの筋肉が硬くなっていることが多いです。

仕事で腰に疲れや、精神的ストレスがたまっていた時に、

中腰の姿勢になって、腰に負担がかかると、痛みが出てきます。

 

ただ、5,6日も安静にする時間がない方もいらっしゃると思います。
休みが2日しか取れない介護をされている方や、

明日には、仕事先に行かないといけないサラリーマンの方も、いらっしゃると思います。

 

その時には、痛みを鎮める鍼灸と、

腰の筋肉を伸ばして硬さを柔らかくする整体は、どうでしょう?

 

ぎっくり腰の痛みを、早く軽くすることがあります。

 

好転堂は、ぎっくり腰の痛みで困っている方に、一人一人丁寧に対応します。

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む