Q:「腰のヘルニアを手術した後、痛みとしびれが出ました。」

Q:「腰のヘルニアを手術した後、痛みとしびれが出ました。」

A:「腰のヘルニアの痛みで、今まで立ち上がることもベットから起きれなかったんですが、

ヘルニアの手術をしましたら、自分で歩くことも可能になりました。
しかし最近、手術後に少し残っていた痛みとしびれがだんだんと増してきました。

これはどうしてですか?」

 

というお話をいただきました。

 

これは、椎間板は、背骨の骨と骨の間にあって、

背骨に加わる力を和らげるバネの役目をしています。

椎間板は、背骨の骨と骨の間に柔らかい髄核という部分と、

そのまわりに線維輪という固い軟骨が囲んでいます。

 

椎間板に強い力が、外から加わると椎間板の圧力が上がり、

線維輪の中にある髄核を、外側へ押し出します。

 

その押し出された髄核が、脊髄や神経根を押して痛みやしびれをおこします。

 

 

椎間板ヘルニアの手術をすると、押し出された髄核の圧力が無くなって、

脊髄や神経根への刺激が無くなり、痛みが減っていきます。

 

ただ手術後に、痛みやしびれが増してきたことは、次の理由が考えられます。
1:また椎間板ヘルニアになったまた、

髄核が外に押し出されて、脊髄や神経根に圧力をかけて痛みやしびれが出てきた。

 

2:手術後、髄核を取り出した所と神経根が癒着をして、

その圧力から痛みやしびれが出てきた可能性があります。

 

対処としては、まずは整形外科の病院へ行ってMRIやCTを取ることをお勧めします。

まずは、次にお医者さんの指導を受けてください。

 

現状を理解してから、椎間板ヘルニアのケアをしたほうがいいです。
ただ、痛みが引かない場合の対処の1つとしては、

痛みを軽減する鍼灸と腰周りの筋肉を伸ばす整体があります。

 

・鍼灸の鎮痛効果を使って、痛みとしびれを軽減していきます。
・整体では、固くなった腰の筋肉を伸ばして痛みとしびれを軽減していきます。
・椎間板ヘルニアのセルフケアとしては、マッケンジー体操という腰痛体操があります。

(このマッケンジー体操は、腰の筋肉をそらせることで、

椎間板ヘルニアから来る腰の痛みを軽減する方向に向かいます。)

 

好転堂では、鍼灸と整体と腰痛体操を使って、

腰の椎間板ヘルニアの痛みとしびれを軽減する方向に向かいます。

 

腰の椎間板ヘルニアの痛みとしびれで困っている方は、こちらに連絡を。

 

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む