Q:「坐骨神経痛って何ですか?」

Q:「坐骨神経痛って何ですか?」

A:内容としては、腰・お尻・下肢にかけてしびれや痛みがあり、

ひどいときには、歩けなくなるぐらいのひどい痛みが出てきます。

 

坐骨神経痛の主な痛みとしては、
・お尻に、痛みやしびれがある
・足が、歩けなくなるほど痛みがある
・立っていても、足が痛んで立ってられない
・下肢全体の痛みだけでなくて、腰痛も出てくる
・腰を動かすと、下肢の痛みが激しくなる
・寝ていても、お尻や下肢に激しい痛み
・下肢に、だるさや冷たい所が出てくる
・からだをかがめると、痛みが激しくなる
・太ももの外側や後ろ、ふくらはぎやかかとに痛みやしびれが出てくる
・排尿障害がでてくる  
などがあります。

坐骨神経痛の原因を大きく分けると、
1:腰部椎間板ヘルニアからくる腰・お尻・下肢の痛み 

2:腰部脊柱管狭窄症からくる腰・お尻・下肢の痛みとがあります。
3:1と2の混合 から来る痛み  の3つがあります。

 

椎間板ヘルニアとは、背椎(背骨)には、

椎体と椎体の間にある椎間板というクッションがありますが、
その椎間板のクッションが、

何らかの原因ではみ出して馬尾神経や神経根を刺激して痛みやしびれが起きることをいいます。
主に20~30才代の方が多く表れます。

脊柱管狭窄症とは、腰椎の脊柱管(背骨の真ん中にある空間)が、
老化などによって変形されることにより、中に走っている馬尾神経や神経根が、
締め付けられることに腰や下肢に痛みやしびれ・脱力感がおきることを言います。
主に、50歳代ぐらいの方が多く表れます。

椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の混合は、脊椎管狭窄症と椎間板ヘルニアの
両方の痛みをもった状態です。
(何してもいたいということです。上半身を前後に倒しても痛みが現れる状態です)

坐骨神経痛の痛みを改善するには、好転堂の

痛みを軽減するはりきゅうと腰とお尻の筋肉を伸ばす整体がおすすめです。

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む