Q:「坐骨神経痛を悪化させないためには?」

Q:「坐骨神経痛を悪化させないためには?」

A:あなたの周りでこんな方はいませんか?

 

・お尻の後ろから太ももの神経がピリっとして痛い。

・スネの外側から足の甲にかけて今もしびれている。

・2年前から痛みが出てきて、今では腰を前かがみにした歩き方しかできない状態。

・元々、糖尿病持ちです。

 

こんな場合には、神経痛を軽くする好転堂の鍼はどうでしょう?

 

坐骨神経痛は、もともと背骨から足の指先にかけて神経が走っています。

 

その中で、腰やお尻の筋肉が何らかの原因で硬くなり、

時間が立つに連れて、神経を圧迫してある時に痛みが出てきます。

 

腰やお尻に痛みが出てきたら、鍼をすることで

鍼の効果で血行が良くなるので固くなった筋肉を柔らかくしていきます。

 

そうすると、お尻から足先までの痛みが軽減していきます。

 

足の痛みが軽くなったら、腰をかばうこともなくなったり、足の運びが軽くなったりします。

 

糖尿病も持っている方は、血行の流れが鈍くなっている可能性があります。

足先のしびれも出てくる可能性もありますが、鍼をすることで血液循環が改善されるので、

足先のしびれも軽くなってきます。

 

坐骨神経痛の痛みでお困りの方はこちらに連絡を。

症状別一覧

リウマチ・膠原病・自己免疫疾患の痛み

頭・顔・首・喉の痛み、  しびれ

肩・腕・肘の痛み しびれ

手・指の痛み

背中・腰・お尻の痛み

股関節・足の痛み、しびれ

膝関節の痛み

下腿の痛み

足裏の痛み、しびれ

胸・脇腹の痛み、しびれ

背中の痛み、しびれ

お腹の痛み、内臓痛

男性の身体の悩み

女性の身体の痛み

不妊

自律神経系の乱れ・痛み

循環器系

皮膚科・アトピー性皮膚炎

2016年

1月

05日

サッカーをしてたら、ふくらはぎの痛みと足首の痛み・     かかとの痛みが出てきて困っていました。

続きを読む

トピックス(更新中)

外反母趾でお悩みの方へ
>> 続きを読む